読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MSX3メモ

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

2015年7月13日 常念岳日帰り

登山記録

北アルプス常念岳に登ってきました。

 7月13日、常念に上りました。

f:id:msx3:20151201232823j:plain

 

常念には何回か登っておりまして、記録を見ると最初に登ったのは2003年の6月、まだ梅雨明け前に初めてのテント泊で先輩と登りました。夜は雨が降ったりしましたが、初めての山岳テント泊で、夕飯は佐藤のご飯にレトルトカレーでしたね。懐かしいです。

 

同じ年の10月に、燕から常念まで縦走してます。この時は確か、燕で一泊したら夜雪が降って、翌日は縦走路が雪だらけで、結構時間がかかって登頂を断念して乗越から前常念にトラバースして三俣に下りました。

確かこの2回だけだったと思いますが、いずれにしてももう10年以上前なんですねえ。結婚もしてないし子供もいなかったですね。かなり昔です。

 

常念岳は僕の地元である安曇野市のシンボル的な山で、松本平からどこからでもよく見えます。松本平から見える奇麗な三角形の山は実は前衛の前常念で、常念の本丸はその奥にあるんですけどね。

いずれにしても、僕たちにとっては一番なじみ深い山です。

 

ここ数年は正直山に全く登っていなくて、今年の春山スキー白馬乗鞍行って山熱が再燃した訳ですが、その後夏も仕事が忙しくて7月8月は全く身動きできなかったのですが、何とかこの日は都合を付けて、一ノ沢までやってきました。登山口まで近いのが常念を選んだ理由。

 

なおコースタイムはこんな感じ。

一ノ沢登山口(05:30)・・・王滝(大滝)ベンチ(06:20)・・・常念小屋[休憩 10分](08:40)・・・常念岳[休憩 60分](09:40)・・・常念小屋(11:20)・・・王滝(大滝)ベンチ(13:20)・・・一ノ沢登山口(14:00)

 

駐車場から登山口までは結構歩く。

その後沢沿いの比較的平坦な登山道を進みます。

f:id:msx3:20151201232819j:plain

徐々に沢を詰めて、胸突き八丁と言われる場所へ。

かなりの急登です。

こんなに急な場所あったかな?という印象。

確か常念は地元の中学生が学校登山で登る山のはずですが、中学生にはちょっときけんなんじゃないの?というような高度感がある登山道もありました。

f:id:msx3:20151201232820j:plain

しばらく登ると、常念乗越が見えてきました。

f:id:msx3:20151201232821j:plain

乗越には、常念小屋があります。

ここまで来ると、待望の槍ヶ岳が姿を見せます。

なおここまでコースタイムでは約4時間ですが、僕は3時間できました。

まあまあ順調なペースです。f:id:msx3:20151201232822j:plain

f:id:msx3:20151201232823j:plain

これから登る常念の山頂方面。

ここからガレ場の急登を山頂目指して登っていきます。

ここが常念で一番きついところ。

f:id:msx3:20151201232826j:plain

コースタイム通り1時間かかってやっとこさ山頂に着きました。

非常に疲れました。

 

f:id:msx3:20151201232824j:plain

山頂からはすばらしい絶景。久しぶりの北アルプス穂高連峰

今年は涸沢も雪が多めです。

いや本当に穂高とか久しぶりにみました。

 

f:id:msx3:20151201232825j:plain

槍ヶ岳方面もすばらしい景観。

 

f:id:msx3:20151201232827j:plain

お昼は絶景をみながらカップラーメンとビール。

 

ゆっくりと食事をして、下山しました。

なお下山したら時刻は午後2時で、5時から登り始めたので行動時間としては9時間くらいでしょうか。地元の山ですが結構かかりました。