MSX3メモ

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

2017年 第15回松本クロスカントリー大会 8キロに出場した

f:id:msx3:20171203120339j:plain

昨年に引き続き、今年も走りましたよ、クロスカントリー

「第15回松本クロスカントリー大会」に出場しました。昨年と同じ40歳以上8000mの部に出場。昨年は37分で190人中39位でしたが、今年はどうだったでしょうか?果たして成長しているのでしょうか?

昨年の記録はこちら

msx3.hatenablog.com

 

準備

f:id:msx3:20171203114957j:plain

僕の出場する40歳以上男子8000mの部は11時スタートのため、会場には10時20分頃到着。駐車場から受付会場までは5分ほど。受付を済ませ、参加賞の長袖Tシャツとゼッケンをもらいます。会場は主に小中学生のご家族でごった返しています

昨年はそこら辺の芝生にシートを敷いて着替えましたが、今年は風がかなり強く、どこで着替えようか悩みましたが、男性更衣室用のテントが設置されていたので、そこで着替えを済ませました。

時間もけっこう押していたので、軽くジョギングとストレッチをしているうちに、スタート10分前になりましたので、スタート位置に移動します。

f:id:msx3:20171203115014j:plain

ちなみにコースは昨年と同じで、多分変わって無いと思う。スカイパークの南側広場の中をテープで区切って簡易コース化しています。草地9割、舗装路1割といった感じ。 

スタート前

f:id:msx3:20171203115028j:plain

参加者名簿を見たところ、今年の40歳以上8キロの部は172名がエントリーしていました。昨年は190名くらいいたので、ちょっと減っていますね。これは、頑張れば入賞圏内の8位に入れる可能性が上がった!なんてこの時は思っていましたね。

見たところ、ランパンランシャツで武装した明らかに早そうな人が数人いますが、普通のマラソン大会よりは穏やかなスタート前の雰囲気。最前列に出ようという人もあまりいません。僕も少し遠慮して2列目くらいに陣取ってスタートを待ちます。

レーススタート

11時丁度に号砲でレーススタート。みんな一気に飛び出していく!数人がすごいスピードで走り去っていきます。僕もつられて走りますが、スントでペースを確認すると3分40秒位!のペースだったので、慌ててスローダウン。それでも最初の1キロは3分46秒で走っていました。

1キロ走って一旦スタート地点に戻ってきた後、コースは公園南側に向かって進むのですが、ここからかなりの強風に苦しめられます。

f:id:msx3:20171203102210j:plain

上の写真で、のぼり旗が引きちぎられんばかりにたなびいているのがおわかりでしょうか?元々さえぎる物の無い空港横の公園なので、風の影響を受けやすいコースなんですが。丁度レース中に風の勢いがかなり増していたとおもいます。辛かった。

1キロ地点から3キロ地点くらいまではほぼ向かい風で、一生懸命走っているのですが前に進まない感覚です。心拍数はかなり上がっている感じがしますが、スピードが上がりません。向かい風による減速と、足元が不安定な草地ってのも大きかったと思います。ただでさえクロカンはスピードが落ちるのに、向かい風っていう悪条件で走りにくかったですねー。

そんな訳で3キロ地点くらいからかなりのキツさを感じていました。もうやめたい、楽したいってずっと思っていました。それでも、追い風になる区間はやはり楽になって、ちょっと息を整えたり、腕振りを強くするように意識してたと思います。

f:id:msx3:20171205201537p:plain

上の写真はスントの記録なんですが、上の黄色いグラフがペースを表しているんですが、ちょうど追い風区間は平均より早くて、向かい風区間は遅くなってます。時々ズドンと遅くなっているのは、坂を越えたり急カーブしているところだと思います。2週目の丘越えはキツかった。

そんなこんなで、強風向かい風と足元の反発の無いコースに難儀して、辛いつらい思いながら走っていました。最初こそキロ4分ペースの小集団にくっついて走っていたのですが、1週目途中で置いてかれて、その後も何人かに抜かれました。2周目に入ったころには「これは入賞は無いな」と自覚しました。

その後も楽しないようにと思って懸命に走っていましたが、特に2周目は滅茶苦茶きつくて、ちょっとくじけそうになりました。後ろから近づいてくるランナーの気配も感じて、「これ以上抜かれたくない」という思いと、「負けるな、ペースを守るんだ、みんな同じようにキツいはず」などと考えながら走っていました。もう心臓はバクバクで、今にも口から出てきそう。胸も痛いし、脚もうまく回ってくれません。

何とか7キロ地点を過ぎ、後は追い風のラスト1キロ。昨年はここからスパートをかける余裕があった気がしますが、今年はもう今のペースを維持するのが精いっぱいです。何とか後続ランナーに抜かれないように頑張って走って、残り200mほどでゴールが見える直線だけ、スパートをかけました。それでも、残り50mが死ぬほど辛かった。

何とかゴール

f:id:msx3:20171203114428j:plain

結果は、35分4秒で19位。

f:id:msx3:20171205200948p:plain

スントによると、平均ペースは4分13秒となっていますが、スントは距離が長く出るので平均ペースは4分20秒くらいだったと思う。

f:id:msx3:20171205201352p:plain

今年は結構いいトレーニングができていたつもりなので、レース前は「キロ4分で走って32分でゴールできれば、表彰台に乗れるかも」なんて考えていましたが、甘ちゃんでした。まだ僕にその実力は無かった。

f:id:msx3:20171203115427j:plain

それでも、今年の8位の方が33分のタイムだったので、あと2分短縮できれば表彰台の可能性があります。120秒を8キロ、1キロ当たり15秒の短縮、やっぱりキロ4分が必要ですね。しかもクロカンコースはスピードが殺されるので、ロードならキロ3分50秒くらいで走るスピードと、それを8キロ維持するスタミナが必要です。

今回、キロ4分で5キロはいける、その後残り3キロは本番パワーでいけるでしょ!みたいに考えていたのですが、全然無理でしたね。むしろ残り3キロスピードダウンしましたからね。やっぱり練習でできる以上にはできないわ。つまりもっと練習しろってこと!

19位という今回の成績は、実はかなり嬉しかったりします。170名程度の参加者ですが、20位以内に入れたことは素直に嬉しいです。でも、それと同じくらい悔しさも感じました。もっとできると思っていたのにできなかった悔しさ。そして、課題がしっかりと見えました。もっとスピード練習が必要だし、8キロを維持するためのトレーニングも必要です。来年は、キロ4分で8キロ走れる力を手に入れて、戻ってきます。頑張ろう自分!

 

広告を非表示にする