MSX3メモ

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

BORDERLANDS2(ボーダーランズ2)をクリアした

f:id:msx3:20170221110435p:plain

ボーダーランズ2をクリアしました。

このゲーム、僕がまだPCゲーム初心者だったころ(注・今もバリバリの初心者ですが)、ネットでの好評を見て購入しました。Steamのウイークエンドセールみたいなやつで、DLC全部入りの「Borderlands 2 Game of the Year」エディションを75%OFFの995円で購入。バイオハザード5をクリアした後の12月頭からやり始めて、2カ月半かかって先日やっとメインストーリーをクリア。先ほどSteamで確認したところ、ここまで実に127時間かかりました。サイドミッションもそれなりにつぶしてきましたが、1週目クリアに127時間てどんだけ・・・。クリアまで非常に時間かかりました。ちなみにDLCには全く手を付けていません。

非常にボリュームがあって、時間泥棒なゲームですが、とても作りこまれた良ゲー、間違いなくおススメです。

どんなゲーム?

f:id:msx3:20170221110651p:plain

ストーリー

ボーダーランズ2は、はるか上空から惑星を支配するHyperion社のCEOハンサム・ジャックから惑星パンドラを解放しようとする、4人の新しいVaultハンターの奮闘を描いた物語である。人並み外れた才覚とカリスマ性を持ちながらも、残忍卑劣極まりないハンサム・ジャックに、自由を愛するVaultハンターたちが今、反旗を翻す!

って、なんだか訳わからんですよね。

PCゲーム初心者の僕は、ゲーム始めてからしばらく、この世界観に慣れるまでは、正直ストーリーがどうとか全く気にする余裕ありませんでした。慣れてきてやっと、「この人たち何で戦っているんだろう?」って思って、wiki見て知る、みたいな感じ。まあ終盤になるまでストーリーはあって無いようなものなので、それほど気にする必要はありませんでしたが。

ゲームシステム

FPSタイプのLv制ハックスラッシュ型RPG、2人~4人同時プレイのcoopもあり、オンラインプレイも楽しめる。

画面見た感じは完全にFPSですが、あくまでシステムはRPGで、レベルの概念があります。レベルが上がることでステータスが底上げされ、より強い敵のいるエリアやクエストを進めることができます。
PCゲームはFPSがとても多いですよね。JRPGの見降ろし型に慣れている僕はなかなかこのFPSの視点や操作になじめませんでしたが、たいていのFPSゲームは操作方法が似ていて、使うキーも同じだったりします。僕も最初はまともに操作できませんでしたが、127時間もやればさすがに後半は慣れて、かなり快適に操作できるようになりました。

システムに関しては、敵を倒したりクエストをクリアすると経験値が溜まってレベルアップするという部分は普通にRPGです。レベルアップして得たスキルポイントを自分の好きなように振り分けられるスキルツリー方式も、わかりやすいかと。道中で敵やアイテムボックスから多数の武器が入手でき、より良い性能の武器や装備品を収集することにやりがいを求める「ハクスラ」という要素もありますが、僕はクリアで精いっぱいでした。

プレイキャラクターは6種類から選択可能

f:id:msx3:20170221110544p:plain

自キャラは6種類から選択できます。それぞれ特徴がけっこう違うので、別キャラにすると攻略方法自体が変わったりします。僕は初心者向けと言われる「コマンドー」を選択。このキャラは固有スキルで「タレット」という自動追尾砲台を呼び出すことができるのが特徴です。

高難易度の2週目、DLCもあり

このゲーム、メインストーリーをクリアすると高難易度の2週目を始めることができます。2週目からが本当のボーダーランズらしいです。もっと高難度の3週目もあるようです。僕は1週目でレベル34でしたが、雑魚敵の処理に結構苦労しました。2週目は比較にならないくらい雑魚が強いらしいです。

僕が購入したのはDLC全部入りでしたので、メインストーリーの他に4種類の大型DLCも同時にインストールされました。が、本編だけでもかなりのボリュームがあるので、僕はまだDLCをほとんど遊んでません。DLCはファストトラベルで移動するだけでスタートできるので、試しに少しだけ進めましたが、グラフィックとか敵のデザインとかかなり雰囲気がかわります。それぞれのDLCにメインストーリーとサブクエストがあるので、DLCまで全部遊びつくすにはかなりの時間がかかります。ボリュームは満点です。

f:id:msx3:20170221111300p:plain

プレイしてみて

洋ゲーFPS、ゴア表現ありと、PCゲーム初心者にはとても新鮮でした。あらゆる点でJRPGとは違いました。最初こそかなりとっつきにくさを感じたし、終盤になっても固有名詞が理解できなくてストーリーがイマイチ把握できていませんでしたが、ゲーム自体は世界的にヒットした作品、かつ日本でもPS3XBOXでも販売している人気作らしく、とても面白いモノでした。

とにかく、作りこみがすさまじい

 f:id:msx3:20170221110934p:plain

ボリュームは特大、登場する敵キャラは単調では無くきちんとこちらの動きを見て行動するし、種類も人間、猛獣、ロボットそれぞれ豊富です。システム回りも快適で、UIは洗練されていてわかりやすく使いやすいし、動作もスムーズでストレスを感じません。

特にすごいのは日本語ローカライズで、膨大なセリフは基本的にすべて音声付なのですが、声優さんの熱演がすごい。下手な映画なんかより熱っぽい演技です。癖っぽいキャラクターしか登場しませんが、みんなそれぞれいい味出してます。ただ、洋ゲーらしく濃いテイストのキャラデザインなので、正直感情移入はしにくいです。

FPSゲームならではの爽快感

f:id:msx3:20170221175534p:plain

武器は銃です。近接攻撃も一応ありますが、ほぼ100%敵は銃で倒します。弾数無制限ではありませんが、弾薬はそこら中に落ちてるし、武器も最終4種類まで同時に装備できるので、適宜切り替えて使っていけば玉切れに困ることはあまりありません。基本撃ちまくりです。とても爽快感ある戦闘が楽しめます。撃ちまくりといっても、敵には弱点が設定されているので、弱点を狙って撃つとクリティカルヒットで大ダメージを与えられるので、きちんと狙って撃つ必要があるのですが、敵味方入り乱れて乱打戦になるケースが多く、その結果敵を全滅させたりすると非常に気持ち良いです。アドレナリンも出まくりです。

レベルにもよりますが結構敵が強くて、そのクエストのレベルに合った良い武器に巡り合えないと苦戦を強いられたりしますが、敵の弱点を突くとあっさり攻略できたりします。その辺のバランスもよく調整されています。

レベル補正が顕著

このゲームの特徴として、レベルが上がると相対的に敵が弱くなる度合いが強いです。僕は最終レベル34でラスボスをあっさり倒しちゃいましたので、若干の物足りなさを覚えました。道中にもっと強い敵一杯いましたからね。また、被ダメージが高めなので、乱戦になるとアッサリ死にます。ゲームオーバーになる回数はとても多いです。

まとめ

それにしても、クリアまで127時間か。よくやりました。
僕みたいなサービス業のサラリーマンはゲームする時間は基本的に仕事の日は夜寝る前1時間程度、休みの日で2時間程度しか取れませんが、ひとつのクエストで3~4時間かかるものもありましたからね。しょっちゅうゲームオーバーにもなりました。(ゲームオーバーになってもペナルティが少ないのも良かったです。)

本当は他人と協力プレイが楽しいらしいですが、友達いない僕にはできません。また、ひとつのゲームにこれだけ長く時間を割いたので、そろそろ違うゲームをやりたい欲求があります。DLC、2週目については、少し時間を置いてからやりたいと思います。

それにしても、Steamすごいです。これほどの大ボリュームで丁寧に作られたゲームが1000円しないで買えちゃうんですから。PCゲームすごい。 

余談ですが、長い事やり続けていたので、仕事中も左手が勝手にWASDキーを探してしまい困りました。後、このゲームに限らずですが、左手小指でTABキーを押す機会が多いのですが、間違えてCapsLockキー押してしまい移動ができなくなって困りました。これはぜひキーを無効にする機能が欲しいですね。

 

続編もあります。

 

 

msx3.hatenablog.com

  

msx3.hatenablog.com

  

msx3.hatenablog.com

 

広告を非表示にする