MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

2018年6月に読んだマンガ(スティール・ボール・ラン、ハピネス、学生島耕作など)

月末ですので、今月読んだマンガの紹介です。

 

ジョジョ第6部・スティール・ボール・ラン

 

先月第4部「ダイヤモンドは砕けない」を呼んで意外に読めたので、その流れで第6部スティール・ボール・ランも読んでみました。昔読んだときは5~6巻読んで面白くなくてやめてしまいましたが、今回は途中ちょっとヤバいときありましたが、何とか最後まで読めました。

ちょっとぶっ飛んでて解釈が追い付かないところはありましたが(黄金の回転とか)、勢いがあってこれもひとつのジョジョだなー、と思いながら読めました。まあ面白くは無いですね。

 

学生島耕作 全6巻

学生 島耕作(1) (イブニングKC)

学生 島耕作(1) (イブニングKC)

 

島耕作のワセダ時代のストーリー。久し振りに島耕作読みましたが、やっぱり面白いわ。学生運動とか就職活動とかうまくストーリーに絡めているし、相変わらず島耕作が女にモテまくりでラッキーなやつなんですが、面白い。流石としか言いようがない。しかし島耕作はいい仲間に恵まれたなあ。

ハピネス 8巻まで

最新8巻を読んで、イマイチ話の流れが理解できなかったので、1巻から読み返しました。基本セリフが少ないマンガなのであっという間に読み終えましたが、すごいマンガだこれ。綺麗な絵を描く作者では無いんですが、マンガの根源的な面白さを感じることができる作品です。いやー、鳥肌立つわ。

第3のギデオン 7巻まで

医龍」の作者の作品という事で読んでみました。フランス革命のマンガ。

最初はものすごい壮大な展開を予想するんですが、ストーリーが進むにつれ、違和感が大きくなりました。一般人がいきなり国王と会って身の上話するとか、あまりにも現実感の無い展開に興ざめ。そして誰が敵かよくわからない展開に、救いのないストーリー…。背景や衣装を描くの大変そうな漫画ですが、残念ながら面白くない。

レッツ☆ラグーン 5巻まで

サバイバルマンガを読みたくて探してきました。ライトな感じの絵柄ですが、内容は中々しっかりとしたSFマンガでした。サバイバル感は、思ったより無いです。女子が可愛いし、ギャグも面白い。なかなかいいマンガです。

ゴールデンカムイ 14巻

アクション満載で相変わらずの内容の濃さ。

女子柔道部物語 4巻まで

JJM 女子柔道部物語(4) (イブニングKC)

JJM 女子柔道部物語(4) (イブニングKC)

 

えもがだんだん強くなっていきます。

つぐもも 21巻

天下一武道会もいよいよ佳境。

グラゼニ 東京ドーム編 15巻

グラゼニ~東京ドーム編~(15) (モーニング KC)

グラゼニ~東京ドーム編~(15) (モーニング KC)

 

東京ドーム編が終了して、次はパリーグ編だそうです。ややマンネリですが、面白い。

7人のシェイクスピア 5巻

 第3のギデオンと同じような中世ものながら、こちらは何の違和感も感じないのは作者の力量の差か。圧巻の面白さ。

アトムザビギニング 8巻

アトム ザ・ビギニング(8) (ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング(8) (ヒーローズコミックス)

 

新たな謎が出てきます。

今月は結構マンガ読みましたね。