MSX3メモ

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

【フラスク】サロモン ハイドレーションパック ソフトフラスク250mlを買った

f:id:msx3:20170408171813j:plain

ターサージールを買った時、一緒にサロモンのソフトフラスクを買いました。期間限定15%OFFに釣られました。

1,853円から15%OFFで1,575円で購入。安くなっても高価な水筒です。

小ぶりなランニング用水筒 

買ったのは250mlのタイプ。この他に150ml、500mlとあります。

多くのマラソンランナーは自作ジェルを入れるために150mlを選ぶようですが、僕は250mlを購入しました。ジェルを入れるだけでなく、10キロ位走るときの簡易水筒としても持ち歩きたかったことと、150mlの方が値段が高かったというのもあります。

f:id:msx3:20170408171808j:plain250mlというのがイメージしにくい容量ですが、iPhone6との比較してみましたが、サイズ自体は非常に小さいです。 そして、水を入れても完全な円筒形にならず、比較的薄い楕円の形状になりますので、ウエストポーチなどにも入れやすいかと。

f:id:msx3:20170408171811j:plain

裏側です。目盛りが付いていることからも、自作ジェル派または自作ドリンク派をターゲットにした商品であることが伺えます。わからんけど。

f:id:msx3:20170408171806j:plain

吸い口を外すと、こんな感じ。元が小さいので開口部も大きくはありません。中に液体を入れるときは漏斗的なものが必須です。

吸い口は、プラティパスのような噛んで吸い込むと中身が出てくるタイプ。しっかりしていて、少々の圧力では中身が染み出てくることはありません。ただ、ロック機構などは無いので、小さいポーチの中でiPhoneと同じ空間に入れて走ることにはやはり抵抗があります。 

使ってみて

f:id:msx3:20170408171804j:plain

中に水を入れてみました。

試しに先日15キロランに持ち出しましたが、水がパンパンに入っていれば普通のボトルのように扱えますが、中身が減ってくると剛性が無くなり、いわゆる中折れ状態になります。そうすると、走っている最中にポーチに入れるのがちょっとストレスです。 ただ、15キロ程度だと冬場はドリンクもっていかないので、このサイズで気軽にポーチに入れて持ち出せるのは便利です。そして、250mlなんて、水やスポドリならすぐに飲み切ってしまう容量です。やはりジェルを自作して入れていくのがベストな使い道でしょう。 

ちなみに飲み切った後は非常に小さくなります。ほぼ吸い口の部分だけの体積になるので、運搬は楽です。重量も本体はペラペラで重量は無いといってもいい軽さです。

こちらの粉飴も購入しました。多くのジェル飲料の主成分であるマルトデキストリン1kgで733円とコスパのいい商品です。これでBCAA入りの自作ジェルを作る予定です。


 

 

【追記:自作ジェル作ってみた】

msx3.hatenablog.com